decayed

むし歯治療

自分で治せなくなって虫歯ができる

自分で治せなくなって虫歯ができる

虫歯は、ミュータンス菌などの細菌が口の中に残った食べカスを利用して酸を作り、歯を溶かすことから起こります。

口の中は唾液が酸性に傾くのを防ぎながら、多少歯が溶けても唾液中のミネラルで欠けた部分を補っているため、すぐには虫歯になりません。しかし、磨き残しが多いと口内に虫歯菌の塊である歯垢がたくさんできあがり、バイオフィルムと呼ばれる膜を歯の表面に作るほど強力になってきます。バイオフィルムは普通の歯磨きでは取り除きにくいため、だんだんに唾液の働きは劣勢になり、最終的には歯のエナメル質が修復できないほど溶かされて虫歯になってしまうのです。

歯の侵食状況で変わる治療

歯の侵食状況で変わる治療

虫歯は早期であれば歯の最も外側のエナメル質で止まっています。この時点なら、自覚症状は少ししみる程度で、虫歯の部分を削ってレジンという詰め物を詰めるだけで治療は済みます。

しかし、エナメル質を通り越して象牙質に達すると、痛みは強くなってきます。侵食されたのが象牙質の外側ならレジンで済むこともありますが、深くなると金属やセラミックを被せる必要も出てきます。

虫歯が神経に到達するとズキズキした痛みになります。歯の神経は抜くと歯が弱くなるため、できるだけ残す方向で治療するのですが、再生させられないほど悪化している場合は、神経のある歯の髄を取り出します。そして消毒して薬剤を充填し、被せ物をするという処置を行います。

歯の部分がなくなり根しか残っていないほどの虫歯になってしまい、充填や被せ物で対処できないと判断されれば抜歯することになります。永久歯は再び生えることはないため、部分入れ歯やインプラントなどで歯を補うことになります。

治療だけでなく予防のためにも歯科医院に

治療だけでなく予防のためにも歯科医院に

虫歯治療は進化してきて、詰め物や被せ物の質も上がっています。しかし早期に発見して治療し、できれば予防するのが、口内のためには1番良いでしょう。

ギリギリまで虫歯を我慢して歯科医院に行くようなことはせず、定期的に歯科医院に通って歯垢やバイオフィルムを除去し、口内チェックを受けましょう。歯科医院で正しいオーラルケアを学ぶことも大切です。そうすることで不必要な痛みを感じることもなく、時間のかかる治療を受けることもないでしょう。

ページトップ