denture

入れ歯

インプラントと入れ歯の比較

インプラントと入れ歯の比較

日本人は大体60歳を過ぎたあたりから、歯周病や虫歯などが原因で歯が抜けてしまう方が多くいらっしゃいます。

抜けてしまった歯に対応するための方法としてインプラント治療という選択肢もありますが、医療保険の適用にならないため高額になる、治療期間は患者様によって異なりますが大体1年前後と時間もかかるため、入れ歯に比べるとやはり患者様への負担は多いといえます。

その点入れ歯は、保険治療が適用するため治療費負担が少ない、作り上げる時間もインプラントよりは短い、行き慣れた歯科医院で対応できるなどのメリットがあります。

入れ歯の技術も進化しています

しかし、入れ歯はインプラントと比べると機能が劣っている部分もあります。毎晩取り外してメインテナンスをしなければいけなかったり、噛み心地に違和感を覚えたりすることが挙げられます。ただ、こうした問題に対処すべく、最近は入れ歯も進化してきました。

入れ歯の技術も進化しています

例えば昔からあるプラスチックの入れ歯は、壊れにくく費用もかからないメリットがある一方、味覚や温度を感じにくいといったデメリットがありました。そこで入れ歯の一部を金属に変えて、より丈夫で味覚も温度も感じやすい素材の入れ歯が登場しています。


入れ歯の技術も進化しています

また入れ歯だと周囲に分かってしまうという声にも応えて、部分入れ歯を引っ掛ける部分を目立つ金属ではなく、口腔内の色に合わせたプラスチック素材でできたものなども登場しています。

このように入れ歯は昔のイメージとは違い、見た目も分かりにくく、より機能的に進化しているものが増えているのです。

入れ歯を作るときにはきちんとしたカウンセリングが必要

入れ歯を作るときにはきちんとしたカウンセリングが必要

入れ歯を作る際にはしっかりと歯科医師と相談をしましょう。機能的な入れ歯が増えている一方、医療保険が適用されない入れ歯も増えています。そうした中には高額な入れ歯を無理に勧める歯科医院もあるかもしれません。

自分がどのような入れ歯を希望しているのか、見た目はどうなのか、値段はどの程度まで出せるのかなど、患者様の納得がいくまで歯科医師と相談し、自分に合った入れ歯を作るようにしましょう。

ページトップ