kids

小児歯科

お子様にはもちろん、大人にも優しい小児歯科

お子様にはもちろん、大人にも優しい小児歯科

小児歯科とは、赤ちゃんから小学生くらいまでの子供の歯を専門に見る診療科目です。生えたての乳歯や、永久歯に生まれ変わる時期の歯の治療や予防歯科に力を入れています。

そう聞くとお子様しか診察しないイメージもありますが、お子様と一緒に来院した保護者の方の診察も丁寧に行っています。小児歯科でお子様の歯を診察する際は、ぜひ保護者の方も診察を行いましょう。

小児歯科の役割とは

小児歯科の役割とは

歯科医院が怖いという人は、幼少期に歯科医院で痛い思いをしたことが多い場合があります。そうした観点で見ると、いかに幼少期に良い歯科医院に出会うかが大切になってきます。

小児歯科は子供が生まれて初めて通う最初の歯医者さん。まずは歯科医院は怖くない、これから自分の歯を大切にしていくためには必要不可欠な病院だということを意識させなくてはなりません。痛くない、怖くない治療をするのは当然ですが、なぜ歯科医院に通う必要があるのか、通うことでどのようなメリットがあるのか、子供のうちからきちんと教える必要があります。そうした知識を与えるのも小児歯科の役割です。

ページトップ