prevention

予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とは

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、そうならないための予防治療のことを指します。歯磨きなどセルフケアで行う歯の手入れと同時に、歯科医院で行っているプロケアを用いることで、より歯を美しく健康的に保つことを目的としています。歯は治療で削るなどして失ってしまうと元に戻ることはありません。そのため、予防歯科は病気になってからの治療以上に大切なことなのです。

歯科医院での予防歯科治療

歯科医院で実際に行われている予防歯科の種類をご紹介します。

虫歯や歯周病の検査

虫歯や歯周病の検査

まずはすでに虫歯や歯周病にかかっていないかをレントゲンなどを使って検査します。その時点でかかってしまっている場合には、早急に治療を行ってから予防歯科の治療を始めていきます。また、唾液を検査することで腔内の細菌数を調べることができ、個々の虫歯リスクを調べることもできます。それを基にして、患者様それぞれにあった予防歯科の方針を決めていきます。

PMTC

PMTC

PMTCとは、専門家による高度な歯の清掃のことを指します。セルフケアの歯磨きでは落としきれていない、歯と歯の間に溜まった汚れや歯茎の境目にできている汚れなど細かい磨き残しを徹底的に清掃します。この磨き残しを放置することで虫歯や歯周病の原因になってしまうため、定期的なPMTCはとても大切なのです。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯のエナメル質を硬くする働きがあり、虫歯菌が出す酸に負けない強い歯を作る効果があります。また、虫歯菌の活動を抑制したり、唾液の再石灰化作用を助けたりする働きもあるため、フッ素を定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯になるリスクが大幅に下がります。

正しいブラッシングの指導

正しいブラッシングの指導

歯科医院での予防歯科治療の効果を生かすためには、自宅で行う毎日の歯磨きも効率良く行う必要があります。歯磨きは闇雲に行えばいいというわけではなく、正しいブラッシングを毎日続けることで効果が表れるものです。歯科医院では正しいブラッシングをプロがレクチャーし、セルフケアの手助けをしています。

ページトップ